読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツ・カレー・ミュージック

備忘録。間違え、ご意見、ご感想等はツイッターアカウント @ippyiwa まで

ネギStyleと東アジア文化都市クロージングイベントとカレー、そして赤たぬき

東京駅に着いたらまず喫煙所。そして弁当屋でチキン弁当と水を買い、電車へ乗り込む。そして上野を通過したら徐ろに弁当を開け始め…そんなルーティンを何回繰り返したでしょうか。

車窓の風景だけでどこらへんにいるかパッとわかるくらいになりましたね。
なんだかすっかり新潟に慣れてきた気がします。
 
そんなわけでアサヒアレックスアイスアリーナのイベントと東アジア文化都市2015クロージングイベントに参加してきました。
 
アサヒアレックスアイスアリーナ、行くのは初めてでしたが、新潟テルサのちょっと奥なんですね。

f:id:ippyiwa:20151122135916j:plain

 
地図で見ると新潟駅に近く見えるのですが歩くとまぁ1時間はかかるという。しかもまたアクセスがイマイチ良くなくて車がないとホント一苦労する場所です。
前に田村ゆかりさんのライブで来た時はタクシーで行ったので実はどのバスに乗るかわかりせんでした。(新潟駅南口からだと一番乗り場から市民病院行きに乗るのが正しいみたいですね)。
この人が並んでいる場所が1番のりば

f:id:ippyiwa:20150607110359j:plain

 

バスに乗り、しばらくぼーっとしてると左に見えてくるハードオフスタジアム。そして右手に見えるビッグスワン
ビッグスワンに行った事はないのですが、ハードオフスタジアムには五月の始球式の時に行きました。

f:id:ippyiwa:20151124214005j:plain

バスか自家用車しかアクセス手段がなく、あの日は新潟駅は長蛇の列だったという話も聞いたりすると時折話題になるベイスターズの新潟移転というのはちょっと現実味がないなぁと思います。ホーム球場となるのならば連日何万という客が球場に足を運ぶようになるわけです。それを車、バスで賄うとなればおそらく渋滞が発生する事が見込まれます。平日夕方の新潟駅南口の渋滞っぷりなんかを見ているとまぁ大渋滞が見込まれる…等考えれば考えるほど地域の人からは愛されないだろうし、観客としても満足度の低い球場になるんじゃないかな、なんて思います。

f:id:ippyiwa:20151124213926j:plain

 
 
「産業振興センター前」でバスを降りてテルサ前を通り、左手に東京学館新潟高を見ながら3分ほど歩くとアサヒアレックスアイスアリーナが見えてきます。

f:id:ippyiwa:20151122135959j:plainf:id:ippyiwa:20151122140218j:plain

開発途中なのかはたまたそういう場所なのか、これがまたまぁ周りになにもないんですよね。うーん…モーター社会…
 
会場に入ると夕方からの親子スケート教室の受付をしていました。

f:id:ippyiwa:20151124215333j:plain

たまたま顔見知りのお母様と娘さんがいたので聞いてみると第二部の「スケート教室&氷上運動会」はNao☆、Megu、Kaedeの3チームに自動的に振り分けられていたみたいです。
 
公開収録参加の人は特に何の受付も必要なく、二階の客席へ。

f:id:ippyiwa:20151122173432j:plain

Negiccoさん、ここ、アサヒアレックスアイスアリーナのコマーシャル出てたんですよね。


Negicco 新潟アイスアリーナCM撮影オフショット - YouTube

 

そんな縁か場内にはこんなものも

f:id:ippyiwa:20151122173542j:plain

 
前日にぽんちゃが注意を促していましたが

 

 
完全になめてましたね←
クソ寒かったです
外の方があったかいと思えるほどの寒さでした。神宮スケート場、こんな寒かったっけなぁと思うほどの寒さでした。
 
そんな寒さに耐えること1時間(まぁ半分くらいは室内に逃げてましたが)、15時15分から収録はスタート。
氷上に木の台を置いてその上に机、椅子、マイク、ヒーターなんかを置いて客席の方を向きながらしゃべるスタイルでした。
こんな感じ。

f:id:ippyiwa:20151122150336j:plain

Negiccoが出てくる前に司会進行役のFM新潟でパーソナリティをやっている?清野幹さんがアイスブレイク(スケート場なだけにね、なんちゃって)
途中言っていった「中静じゃなくてすいませんね!」というあたりに新潟のタレント事情が垣間見れてたのしかったです。
 
そんなこんなでいい具合に客席も温まり、Negiccoが登場。
NegiccoはマフラーにFM新潟のロゴの入った赤いベンチコート、そして手袋をして登場。(Nao☆ちゃんは最初していなかったかのように見えましたが、最後の方にはしてましたね)
3人から挨拶があり、ぽんちゃが「(寒い場所なので)温められるようなトークがしたい」「グダグダにならないよう、もう帰りたいと思われないような収録にしたい」と言っていたのがNegicco、スタッフ、ファンの深層心理を表していたんじゃないかと思います。
 
トーク内容についてはここでは敢えて割愛。40分前には終わってしまったのでほぼオンエアーされると思いますので、11/27、20時からの放送をお楽しみください。結構面白かったですよ(笑)
 
で、普通に収録は終了。予定では16時までだったので割とスムーズに進んだんでしょう。
 
次の親子スケート教室&氷上運動会は16:30スタート。「さてそれまでどうする」「というか見ていて良いのか」みたいな声がちらほら聞かれましたが、どうやら観覧はしてて良いとの事なので結構な人が残りました。
室内で暖をとりながらNegicco談義をしたりラーメン屋の話をしたり、セブンティーンアイス食ったりとまぁホント自由にやってました。にしてもまぁあんなに冷えたのにセブンティーンアイス食べてる人がそれなりにいて(笑)
 
親子スケート会の方は子供ということもあり、ヘルメットと膝当てを全員つけていました。で、ヘルメットの色が青、赤、黄色だったんですよね。一見チーム別に分かれているのかと思っていたのですが、そんなことはなく(笑)上から見てるとチームがわからないまま観るはめに。(まぁ別にNegicco見るんだから別に困らないとかいう説もありますが)
 
Negiccoちゃんたちはさっきのラジオ収録と同じ格好のまま、普通の靴で出て、リンクの端っこ(シートをひいて転ばないようにして)で応援という感じでした。
慣れないスケート靴で転びそうになりながらNegiccoちゃんたちに駆け寄ってくる子供とそれを受け止めるNegiccoちゃんたちの姿が観に来て良かったなぁと思わせてくれました。
特にNao☆ちゃんは元保育士のスキルなのでしょうか、いくらシートがひいてあっても寒いだろうにしゃがんで子供と同じ目線になって頭撫でてあげたり、遠くでなかなか立ち上がれない子供を発見すると氷上をペタペタと歩きその子に駆け寄り立たせてあげてる姿がとても印象的てした。
 
ちなみに引き続き司会進行役を務めた清野幹さんNegiccoファンが残ることを想定してたんでしょう、ガヤ求めてきたりしました(笑)観せてもらう分それくらいはしないと、ってわけでもないんでしょうが割とみんなで良いガヤ感出せた気がします(#良いガヤ感とは)
競技としては3つ、玉入れ、綱引き、リレーを行ったのですが、それまで10点、20点とやっていたのに最後のリレーだけ一位100点と突然バラエティ路線になったり、ぽんちゃチームのアンカーがなぜかインストラクターの先生で、それまで首位だったかえぽチームをゴール直前で追い抜かし優勝を掻っさらうという『風雲たけし城』も驚きの理不尽なクソゲーとなってました(笑)
終わった後にNao☆ちゃんか「先生最悪ー!」と言うとぽんちゃが「なんかすいませんw」と応援しかしてないのに謝る羽目になるという誰得展開でした。子供のトラウマにならないと良いんですけどね(笑)
自分がいた位置からは遠かったので、かえぽの動きはあまり見られなかったのですが、玉入れでNao☆チーム、Kaedeチームが同数だった為リーダー同士のじゃんけんで一位を決める、ということになり、かえぽが負けた時に見せた悔しがるというか子供に申し訳ない事をしたという感じでしゃがむ姿がクールなかえぽとギャップがあってなかなか見応えがありました。
 
で、まぁ最後は参加家庭が一家庭一枚ずつNegiccoと記念撮影ということになったのでここで撤収しました。
 
 
で、明けて23日。東アジア文化都市2015クロージングイベントにも参加。場所は朱鷺メッセ。万代バスセンターのカレーを食べてからだったので徒歩で向かいました。信濃川沿いにずーっと行くだけなのでまぁ迷いませんね。15分くらい歩くけどw
 
 
このエリアには日航ホテルがあり、日航ホテルの5階は新潟県万代島美術館、31階は展望台(Befco ばかうけ展望台という名称)となっています。
展望台からの眺め。本当に「潟」なんだなぁと改めて思いますね。

f:id:ippyiwa:20151123123853j:plainf:id:ippyiwa:20151123124519j:plain

今美術館では蜷川実花展をやっていて、少し興味が引かれたのですがまたの機会にすることにしました。行きたい場所があったんですよね。
 
それはそう、佐渡汽船です。
『サンシャイン日本海』のリリイベ最終日は佐 佐渡ヶ島でのイベントでした。私はその年の春から決まっていた大先輩方との野球観戦会があり、広島に行っており行けなかったのですが、後に色々な人から悲喜交々様々な思い出や感情を聞いたりしました。
そんなことがあったので、私なりの聖地巡礼(実は聖地巡礼的なのそんなに好きではないんですよねw)で行きました。なんか一回くらい行っておかないと、みたいな(笑)
 
佐渡ヶ島って近いと思ってたらそこそこ距離あるんですよね。100kmほどなので1,2時間は船に揺られなきゃならないという。桜島みたいなもんかと思っていたので少し驚きました。
まぁそんな場所だからか、フェリー乗り場には佐渡ヶ島からの帰りを待つ人、佐渡ヶ島へ向かう家族や友人そして恋人との一時的な別れを惜しむ人などがたくさんいました。それを横目に蕎麦を食いながらファイナルファンタジーレコードキーパーをやっていたのが私です(台無し)。
 
佐渡汽船乗り場で時間を潰し、2時前に朱鷺メッセに戻りました。すると200人はいたでしょうか、既に長蛇の列が。私が並んでからも伸びる伸びる入場待機列。

f:id:ippyiwa:20151123135319j:plain

歩行者の邪魔になると判断したのでしょう、割と早い段階で壁沿いに並ばせ、うまいこと折り返させてた運営スタッフはお見事でしたのではないでしょうか。
開場14:30予定でしたが、5分早まり14:25に開場。席は一部を除き自由とのことでしたが、まぁ前方埋まるのが早いのなんの(笑)小林幸子パワー恐るべし。。。

f:id:ippyiwa:20151123143142j:plain

一部は雑技団がすごかったです(ぼんやり)
休みを挟んで、二部ら新潟在住美人書道家姉妹のパフォーマンスからスタート。その姉妹が書いた「響演」「絆」「創造」という作品をバックに進められました。えー太鼓、三味線、ダンス、チアだったかと思います←
で、それが終わるとプログラムには「新潟JIMAN」の文字が。てっきり出てくるものかと思ったら司会の方が「PV流します!」というものだから「え、Negicco出てこないのw」という声が聞こえたり聞こえなかったりでしたが、しっかり出てきました。
チアリーダー始め踊れそうな人たちをバックに従え、踊る3人(歌はなし)。
久々だし、よくよく考えるとあれ、通しでフル尺踊ったことってないんじゃないかと思うんですよ。PV撮影はショートバージョンでしたし。
そんなこともあってか、メンバーもところどころ怪しい動きをしていたような(笑)
動き自体はそんな難しくないんですが、似たメロディが延々と流れるせいか次どの動きかが結構混乱するんですよね。撮影の前にレクチャー受けた時の絶望感は今も忘れられません。(ちなみにPV撮影の時に教わった動きだけで一応フルで踊れるようになってました)
 
 
で、まあ無事「新潟JIMAN」が終わるとNegiccoは一時舞台から掃け、程なく司会の方から肩書きと名前くらいの簡単な紹介があり、再登場。
ぽんちゃが「こんばんねぎねぎー!」と言った後、Nao☆ちゃんが韓国語、かえぽが中国語で挨拶をして、曲が始まりました。
 
1.サンシャイン日本海(ショート)
2.トリプル!Wonderland(ショート)
3.ねぇバーディア(ショート)
 
でした。曲が終わると「ありがとうございました!」を「こんばんわ」の時使った言語で一人一人が挨拶をして、小林幸子さんに繋ぐという形でした。
この時司会の方がネギライトを「ネギランプ」と称していたのが割とツボだった方もいたようでしたね。
 
小林幸子さんは「雪椿」一曲のみでしたが、
曲が終わり、司会の方と話している中で「Negiccoと一緒に新潟を全国に世界にアピールしていきたい!」という事を言ってくれて嬉しい気持ちになりました。
 
で、まぁ最後は全員出てきて…という割と普通のクロージングでおしまい、と。
 
当たり前ですが、衣装は「新潟JIMAN」の衣装でした。この衣装、結局何回着たんですかね(笑)公開されたイベントめはオープニング、PV、韓国、「ねぇバーディア」リリースイベント大阪の特典会、クロージングの計5回ではないかと思うのですがどうなんでしょう。間違ってたら教えてくださいw
 
「新潟JIMAN」衣装で普通の持ち曲を踊るのを見るのは初めてだったのですが、ふわっとした感じでシルエットが個人的には結構好きなんですよねー。もっと見たかったという気持ちがあったりなかったり。まぁもう着ないんだろうけどさww
 
なんてことを書いていたら昨年のりゅーとぴあワンマンの黒い衣装、結構好きだったなぁなんてことを思い出しました。次衣装変わるのは12/26の大忘年会になるんですかねぇ。
 
 
ちなみに余談ですが、「新潟JIMAN」のPV撮影地は朱鷺メッセから川を挟んで向こうのみなとぴあでしたね。

f:id:ippyiwa:20151123161100j:plain